【更新しても表示が変わらないとき】

【更新しても表示が変わらないとき】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

画像を入れ替えて更新をしても画像が変わっていない。って時ありませんか?
文章も同じです事が言えます。

それは、パソコンがキャッシュデータを読み込んでいるからなのです!
ただ単にF5だけだとリロードだけの動作です。

そのお悩みを解決するのが・・・

■Ctrl + F5を同時押しでスーパーリロード

これをしてもキャッシュデータが表示して変わらないという場合は、一旦履歴の削除を行いましょう!

大抵これで問題解決するはずです^^
ではまた^^

【更新しても表示が変わらない時】

【更新しても表示が変わらない時】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

画像を入れ替えて更新をしても画像が変わっていない。って時ありませんか?
文章も同じです事が言えます。

それは、パソコンがキャッシュデータを読み込んでいるからなのです!
ただ単にF5だけだとリロードだけの動作です。

そのお悩みを解決するのが・・・

■Ctrl + F5を同時押しでスーパーリロード

これをしてもキャッシュデータが表示して変わらないという場合は、一旦履歴の削除を行いましょう!

大抵これで問題解決するはずです^^
ではまた^^

【自分のサイトを強調スニペット?】

【自分のサイトを強調スニペット?】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

強調スニペットは・・・検索した時にTOPに画像付きで詳細が読めるもので、またそこにはURLや⚡マーク(雷マークでAMP)と書いているところです。

AMP(Accelerated Mobile Pages)・・・GoogleとTwitterで共同開発されている、モバイル端末でウェブページを高速表示するためのプロジェクト、またはそのためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

強調スニペットのリンクをタップすると、AMPキャッシュでページが表示されます!
通常ウェブページにアクセスするときは、リンクをクリックしたらHTMLを読み込むため、ページを表示するのに時間がかかってしまいます。

一方AMPはウェブページのHTMLを予めGoogleやTwitter側でキャッシュすることで読み込む分の時間が早いようですね^^

ですが、自分でページの強調スニペットとして設定することは出来ません。
やはりGoogleが、ユーザーの質問に対する回答がページに含まれていることをプログラムで判断し表示しているようです!

なかなか難しいですね~!
ですが、Googleに認められるサイトに近づける様、私たちとともに頑張りましょう^^

【サイトの順位が下がった時の対策方法】

【サイトの順位が下がった時の対策方法】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
前回お話した順位の下がり具合によって対策方法がことなります。

●1~9位 順位が下がった

1.コンテンツ又は被リンクの調整をする。

10位以内のサイトがコンテンツの調整を行う事で、さらに順位が下がる可能性がありますので、その際は被リンクの調整をオススメします。
(実際に2017年9月にそういった事例が多数あります)

—————————————-
●10~30位 順位が下がった

1.代わりに順位が上がったサイトの状況を把握する
2.コンテンツの内容を見直しする
3.被リンクも含めて、SEO対策の見直しをする

全体的な状況の確認と、原因を元に対策をする必要があります。

—————————————-
●31位以上 順位が下がった

1.被リンク、コンテンツも含めSEO対策を根本から見直す

設定してある、キーワードのSEO要因が変化した可能性があります。
ですので、これまでのSEO対策をリセットして、考え直す必要があります。

—————————————-
●圏外になった

1.ペナルティを受けていないか確認する

2017年になってから、「被リンクによるペナルティは聞かない」ですが、
「コンテンツのペナルティは発生してます。」

以上が対策方法ですが、様々な事が考えられるので自分のサイトの検索順位を把握することは大切です。
1週間に1回でも良いので確認をしましょう^^

【サイトの順位が下がった原因は?】

【サイトの順位が下がった原因は?】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

みなさんは自分のサイトが、今何位に表示されているか常日頃から把握していますか?
今回のテーマは、常に把握をしている人なら1回は経験したことがある内容です。

【順位が下がった時に確認するポイント!】

①順位が下がったのはいつか
②順位が下がってから何日経つか
③順位が下がったままなのか、順位が上下しているか
④スマホ、PCの両方で順位が下がっているのか
⑤何位から何位への順位低下なのか

上記のポイントから次の対策を行うか、様子を見るかの判断が出来ます。
詳しい内容は次回のお楽しみに^^

【クイズ!https(SSL)にする理由】

【クイズ!https(SSL)にする理由】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

みなさんのURLはhttps(SSL)にしていますか?
クイズ形式で勉強していきましょう^^

————————————–

問1.httpsにしたサイトは・・・

A.Googleに認識されないことがある
B.必ずすぐにGoogleが認識してくれる

答え→A

設定によってはGoogleに認識されないことがあります。
例えば、robots.txt ファイルで HTTPS ページをブロックした、HTTPS ページに noindex メタタグを埋め込んだ場合など、Googleに認識されません。設定には気をつけて下さい。

————————————–

問2.httpsすることで・・・

A.検索順位の下落を阻止できる
B.ユーザー情報を盗むことを阻止できる

答え→B

httpsすることで、盗聴から保護されます!ユーザーの操作を追跡することや、情報を盗まれないように阻止できます。

————————————–

問3.httpsした方がいいサイトは・・・

A.ショッピングサイト
B.全てのサイト

答え→B

Googleはサイトのコンテンツに関係なく、サイト接続を保護するためにhttpsにすることを推奨しています。

みなさん、全問正解しましたか?
まだ、https(SSL)にされていない方ご検討されてみてはいかがでしょうか?^^

それではまた(^_-)-☆

【みんなのサイト更新頻度を調べました!】

【みんなのサイト更新頻度を調べました!】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

サイトは、「更新頻度を上げる=サイトパフォーマンスの向上」、に繋がるとGoogleは考えています。

さて、みなさんにお尋ねです!
みなさんは自分のサイトをどのくらいのペースで更新していますか?

【調査を行ってみると】

毎日・・・21票
1日おき・・・5票
3日おき・・・4票
4~6日おき・・・2票
1週間おき・・・12票
1か月おき・・・2票
6ヶ月以上放置している・・・6票

という結果が分かっています。
上記をみても分かるように、毎日更新している方が多いようですね!
毎日更新を行っている人たちは、SEO系のユーザーをターゲットにしてるのも、あるかもしれませんね。

ここで、毎日更新すればGoogleに良いんだ!!と思った方!それはちょっと間違っています!

毎日更新を行うことは大切ですが、ただ単に更新をするより「コンテンツの質を上げる」事が重要です。
コンテンツの質を上げる=自然とサイトを更新する!という事につながるので、質のいいサイトになります。

コンテンツ改善の更新をする例として・・・

①検索される時のキーワードの関連性を高めるためにもタイトルタグを更新する。
②より分かりやすい概要にするために、ディスクリプションを更新する。
③リンクが切れていないか確認を行う。
④コンテンツが見やすいか、行間や文字の大きさを調整しながら更新する。
⑤項目の追加や新しい情報を増やしコンテンツを充実させる。

Googleはサイトの更新頻度を見ている可能性が高いですね!
XMLサイトマップンの最終更新日も見ています。なので更新したら、XMLサイトマップの更新もお忘れなく^^

では長くなりましたがこの辺で!

【みんなのサイト更新頻度を調べました!】

【みんなのサイト更新頻度を調べました!】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

サイトは、「更新頻度を上げる=サイトパフォーマンスの向上」、に繋がるとGoogleは考えています。

さて、みなさんにお尋ねです!
みなさんは自分のサイトをどのくらいのペースで更新していますか?

【調査を行ってみると】

毎日・・・21票
1日おき・・・5票
3日おき・・・4票
4~6日おき・・・2票
1週間おき・・・12票
1か月おき・・・2票
6ヶ月以上放置している・・・6票

という結果が分かっています。
上記をみても分かるように、毎日更新している方が多いようですね!
毎日更新を行っている人たちは、SEO系のユーザーをターゲットにしてるのも、あるかもしれませんね。

ここで、毎日更新すればGoogleに良いんだ!!と思った方!それはちょっと間違っています!

毎日更新を行うことは大切ですが、ただ単に更新をするより「コンテンツの質を上げる」事が重要です。
コンテンツの質を上げる=自然とサイトを更新する!という事につながるので、質のいいサイトになります。

コンテンツ改善の更新をする例として・・・

①検索される時のキーワードの関連性を高めるためにもタイトルタグを更新する。
②より分かりやすい概要にするために、ディスクリプションを更新する。
③リンクが切れていないか確認を行う。
④コンテンツが見やすいか、行間や文字の大きさを調整しながら更新する。
⑤項目の追加や新しい情報を増やしコンテンツを充実させる。

Googleはサイトの更新頻度を見ている可能性が高いですね!
XMLサイトマップンの最終更新日も見ています。なので更新したら、XMLサイトマップの更新もお忘れなく^^

では長くなりましたがこの辺で!

【レンダリングって言葉なに?】

【レンダリングって言葉なに?】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

みなさんレンダリングって言葉聞いたことありますか?
なんだそれってなりますよね!

レンダリング・・・パソコンの画面の内容が記述された、データ(文字、数値、数式など)を、コンピューター上で処理を行い、データに書かれている記述通りに、実際の画面や画像のイメージを表示させることを言います。

例えば

サイトで制作したHTMLが読み取られてレンダリングされてブラウザ上では、画像イメージとして表示される
ということです!

少しは理解して頂けましたでしょうか?
※例えばは、分かりやすく例えたものです!

株式会社浜電気住宅様

株式会社浜電気住宅 様
お客様名 株式会社浜電気住宅 様
所在地 長崎市浜町2-7 西浜町第2ビル1F
業  種 不動産・賃貸・売買仲介業
制作内容 ホームページ制作
制作時期 2017年10月
https://hamadenkijutaku.com/

長崎県長崎市の 浜電気住宅 様のホームページを制作させて頂きました。
株式会社浜電気の浜電気住宅様は、長崎にて事業を継続されて60年。その揺らぐことのない姿勢により地元にしっかりと根付いた信頼と実績があられる会社です。社長のお人柄そのままのアットホームな温かい雰囲気の会社です。ありがとうございました。

095-800-3929【お問い合わせ】