株式会社ハブ – 長崎のホームページ制作会社 株式会社ハブ

長崎県長崎市のホームページ制作webコンサルティングなら口コミNo1株式会社ハブ|長崎市内の企業様に限定したホームページ制作会社です。

【分析方法について解説】

【分析方法について解説】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
台風が近づいていますね・・・この時期の台風は珍しいみたいです。
気をつけてくださいね!!

さて、本題に入りますが、昨日お話した同業社のサイトの分析をする事、差別化をするお話をしました。けど、やり方が分からないって方もいると思います。

ここを抑えるといい4つの点をお教えしますね!

①同業社の顧客を知る
②同業社のサイトの構造を把握する
③同業社のコンテンツを徹底的に比較する
④同業社の人気コンテンツを取り込む

————————————–
【①同業社の顧客を知る】

分析する前にすることが、「同業社の顧客」と「自社の顧客」を把握しておくことです。
これをすることで、同業社のターゲット像が分かります。
男性なのか女性なのか、何歳ぐらいの方などいろいろ分かります!

まずは同業社の顧客、それから自分の顧客を明確にしたうえで、ターゲットのニーズに応えることが最も重要で大切です!

————————————–
【②同業社のサイトの構造を把握する】

同業社のサイトの中身を見ていく前に、同業社のサイトのページ数やコンテンツの中身を大まかに把握しましょう!相手のサイトにあって、自分たちのサイトに無いものを探すのもOK!

————————————–
【③同業社のコンテンツを徹底的に比較する】

同業社と比較を徹底的にしていくと次の事が見えてくるはずです!

1.同業社にできていて、自社に出来ていないことが分かる
2.同業社にできていて、自分たちにもできることがわかる
3.他社ができておらず、自社にできることが分かる

差別化を行う点で、同業社には負けない状態を作っておくことが大切です。
自社の強みをどうアピールしていくかが重要ポイントですね!^^

————————————–
【④同業社の人気コンテンツを取り込む】

同業社の人気コンテンツを取り込むという事は、自社サイトのコンテンツページのアイデアの助けともなります。
トップページへのアクセスが多いのはもちろんですが、同業社のトップの見せ方(レイアウト)など把握しておくべきです!どのように見せ、バナーもどんな文章で集客しようと考えているのかが分かります!
ここで注意ですが、そのまま真似してはいけません!自分達の言葉に置き換えてユーザーの方に伝えないといけません!

分析をするという事は自社のサイトの見直しにもつながります!
ここが足りない等、出てきて当然です!5年前の大学生は5年後には社会人になっています。5年前のサイトでいいと思っていては同業社には勝てません!

サイトの見直しをお考えの方、弊社は無料診断も行っておりますのでご利用ください!^^
https://web-habu.com/free_diagnose/

【同業社と差別化出来ていますか?】

【同業社と差別化出来ていますか?】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
経営者の方は同業社(ライバル)がいると思います。
自分のサイトと同業社のサイトを比較したことがありますか?

ホームページを作るときにしなければならないことが、同業社のサイトを徹底的に分析することです!

なぜか?というと、サイトを見るユーザーは自然に「比較」をしているからです。

「自分のサイトが同業社よりちゃんとできていると思っていませんか?」

キーワードで検索をかけた時、検索結果に同業社の方が自分のサイトより上にあるという時点で、同業社の方が上という事になります!

ですので、これからホームページを制作する方、リニューアルをお考えの方に伝えたいのは、同業社のサイトをみて下さい!

見て、自分の会社・サイトはここが違うという差別化をしましょう!

次回は分析方法をご紹介しますね!^^

【あなたのサイトはどっち派?パソコンorスマホ】

【あなたのサイトはどっち派?パソコンorスマホ】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

あなたのサイトはパソコンかそれともスマホのどちらから集客や見込み客を考えていますか?

ホームページを作って間もないあなたが取り組むことは、集客よりも上位化をする事が必要です!^^
上位化するにはユーザーが検索するキーワードを把握することも大切ですが利用しているデバイスに合わせた、SEO対策をする設定が必要です。

サイト内容や、企業向け/個人向け、年齢層や性別などで使用されているデバイスが大きく違います。モバイルインデックスファーストが2018年にずれ込んだからと、スマホ画面を放置している方いませんか?

【ユーザーが見ているデバイスの確認】

ホームページを公開したなら必ず登録をしているGoogle ウェブマスターツールで確認をします。ちゃんと登録を行っていますか?確認してみましょう!

【パソコンとスマホの検索結果がどれだけ異なるのか】

パソコンとスマホのどちらでSEO対策するか
・集客しているユーザーのデバイスの利用
あるいは、
・上位化するにはユーザーが検索するキーワードを把握することも大切ですが利用しているデバイスに合わせた、SEO対策をする

パソコンとスマホでは、

1.検索結果
2.順位の変動の状況
3.内部対策の方法

が異なってきます。

こういった対策を私たちは常に行っていますので、お悩みの方はお問い合わせください。
https://web-habu.com/

【売上をUPするフォームの作り方②】

【売上をUPするフォームのつくり方②】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
昨日は、
1.気を散らさない
2.入力項目の見直し
3.必須/任意を記載する
4.余計な指定を削除 までお教えしました!今日は引き続きで残り4項目お教えします^^

5.例文を記載する

入力箇所に入力例を表示しとくとお客様がどのように入れたらいいのかが分かります。

6.確認画面を削除

確認画面で間違えにきずくと、また打ち直さないといけないのかと思い、「もう、いいや」とおなってしまうかもしれません。確認画面への誘導ではなく、コードを入力して送信できるしくみを作るといいですね!

7.入力中に誤りを教えるようにする

入力内容をすぐにチェックできる機能を追加する!
お客様がリアルタイムに入力していると、間違っている所が指摘されるのですぐに修正ができる様にしてあげる!

8.スマートフォンに優しく

一番大切なのが、スマートフォンが普及したことによりスマートフォンからのお問い合わせも急激に増えているのが現状です!ですので、スマートフォンの画面に合わせたサイズで制作するという事!

————————–

フォームも奥が深いです!入力項目が多すぎてもお客様の負担にもなるので、必須の項目内容を厳選する必要があります!また、PC用とスマートフォンのレイアウトなどいろいろ考えないといけませんが、フォームというのはただのお問い合わせ・お申し込みではなく、

相手の個人情報を取得して、アクセス数に対する成約率(コンバージョン)を上げる役割を持っているのです!

具体的に言えば、

基本的に検索待ち&一期一会で終わるWeb上のアクセスを、相手の個人情報を得ることによって、こちらから能動的にアプローチできるように変えてしまう営業ツールになります。

フォーム作りに取り組んでみましょう!

【売上をUPするフォームの作り方①】

【売上をUPするフォームのつくり方①】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
週末は雨がずっと降っていましたね!

今日はみなさんが良く目にするお問い合わせフォームについてのお話です!

ホームページを制作して必ずお問い合わせフォームなり、お申し込みフォームなりあると思います。フォームがあれば、お客様はいつでも気軽にお問い合わせが出来るので、見込み客を確保することが出来ます!

まずは、フォームを作るうえで大切なのが「お客様にとって使いやすいもの」を意識して入力から送信までを進めるようにする必要があります。全部で8項目です!

1.気を散らさない

入力フォームを制作するときには周りにページ内に余計な表示物を置かないという事!
入力中に気がとられ別ページに離脱してしまうおそれがあります!
できるだけ1カラムでいくといいでしょう^^

2.入力項目の見直し

良くフォームを入力するときに、この項目必要なの?って思う時ないですか?
自分のサイトの応募をして欲しい人のペルソナ像を考えながら項目の厳選を行ってください!

3.必須/任意を記載する

必須と任意を明確にすることで、お客様が入力ミスがなくなります!

4.余計な指定を削除

例えば「半角」「全角」「ハイフンあり/なし」の指定などがあると、打ち間違ったまま送信をしてしまってエラーになり再度打ち直しという事になります。
出来るだけ縛りを与えず入力できる環境を作ってあげましょう!

と、今日はここまで!少しずつ覚えていきましょう。
明日は残り4項目をお教えします^^