長崎のホームページ制作会社ハブ – ページ 7 – 長崎のホームページ制作会社 株式会社ハブ

長崎県長崎市のホームページ制作webコンサルティングなら口コミNo1株式会社ハブ|長崎市内の企業様に限定したホームページ制作会社です。

会社には必ずキャッチコピーを付けなさい。

あなたの会社名にはキャッチコピーが付いていますか?
え?ない?

意外と多いんです。そんな会社。
キャッチコピーというとキャンペーンとかイベントとか
にだけ使うものだと思い込んでいたりするんですよね。

このキャッチコピーの良し悪しで物が売れたり、売れなかったり、
なんて話良く聞くと思いますが商品販売だけの話ではありません。

あなたは自分の会社の名前に惚れ込んでいて、
もしかしたら自分の会社の名前を広めることがブランド確立だ。
なんて思っていませんか?

残念ながら、それ間違いです。
そんなこと考えているうちは誰もあなたの会社のこと見向きもしません。

大切な事は、
あなたの会社が何を行っていて、
何について強みがあり、どういったことを解決できるのか

これをキチンと打ち出すことが出来ていないと誰にも覚えてもらえません。

全てのお客様があなたの会社のことを
会社名で検索する訳じゃないことに気付くべきです。

つまり、あなたの会社名なんてどうでもいいということです。

結論を言いましょうか。

ホームページに会社名だけを出しているサイトは
見つけてもらいにくいということです。

ホームページから集客出来ている会社のホームページには
必ずこのキャッチコピーが付いています。

このキャッチコピーがサイト名になってもいいくらいです。

ホームページの上の部分をヘッダーと呼びますが、
このヘッダー部分にキャッチコピーを会社名に付けるだけで
検索エンジンの順位が変わります。

もちろん、効果がなければ納得いくまで何回でも変更していいんです。

コツは、検索キーワードを2つ入れて作ることです。

これ、あなたの同業者には教えたくないですね。

SEO業者を頼る前にまずやることがある

リアル店舗の場合、
新しくオープンすると、ほぼ全員がやることがあります。

それはお金をかけて宣伝チラシを作ったり、
バイトを雇ってポスティングしたり、

つまりオープンした事を費用をかけて告知しますよね。
誰に教えてもらうわけでもなくこれ皆さんやってます。

ところが、
これが新規ホームページのオープンとなると・・・

サイト公開したあと何をすればいいのかわからない
という人が実に多いものです。

何をやったらホームページからお客さんが来てくれるかなあ~
とわからなくなる。

実は本当はホームページも同じなんですね。

リアル店舗よりホームページの方が
お客さんは「オープン」したことに気が付いてくれません。

すると、
そんな風に悩んでいるところへ絶妙なタイミングで
SEO業者なる者の電話がかかってきて、
言葉巧みに検索上位表示での集客を勧めてきます。

インターネットでの営業方法がわからないあなたは
SEO業者の言うままに契約・・・

なんて経験ありませんか?

実はこれ要注意です。
SEO対策そのものは、とても重要で間違っているわけではありませんが、

最初にお金を使うところを間違っています。

はっきり言いましょう。
SEO業者に支払うお金があるのなら、
PPC広告つまりインターネット広告をやるべきです。

どんなキーワードでもあなたのホームページを
今日からでも確実に上位表示できます。

そして最も大切なのは本当に効果のある
本物のキーワードを探すことができることです。

SEO業者が提案するキーワードははたして本物でしょうか?

悪質なSEO業者の場合、
成果報酬という契約だけ行い、全く何もしないで、
たまたま検索上位に上がってきたら請求する・・・
なんて例もあるくらいです。

もちろん全てのSEO業者とは言いませんが。
慎重にならないといけませんね。

ホームページだってリアル店舗と何も変わりません。
やはり費用をかけて広告しなきゃ。

つまりPPC広告です。
そして、このPPC広告を使い本物のキーワードを見つけるんです。

「本物のキーワード」これが一番重要です。

そしてそのキーワードを使ってSEO対策するんです。
この順番を間違えるとなかなか集客できないですね。

他社の売れてるデザインをマネても売れない理由

他社のホームページを見て売れてるデザインを
真似したらはたして売れるのでしょうか?

答えは残念ながらノーです。

売れているデザインを真似すれば
売れそうな気がするのになぜ売れないのか。

それは外見だけを真似してもそのデザインの意味を
理解していなければ正しく更新ができないからなんですね。

つまり、
大切なのはそのデザインを作り上げた考え方を
学ぶ(真似る)ことです。

良いものはどんどん真似していくことは重要なことです。

但し、意味もなく真似しても結果は違います。
重要な事はこの「考え方を学ぶ=真似る」ということ。

なぜ?こんなデザインになっているんだろうか?
なぜ、こんなコンテンツをここに配置しているんだろうか?
なぜ、こんな見せ方をしているんだろうか?
キャッチコピーだって、誰に向かって言っているんだろうか?

などと常に「なぜ?」と考えることができればおのずと
売れるデザインがどんなものなのか理解できるはずです。

つまり他社の売れてるデザインを真似しても売れない理由は、

「売れる考え方」を自分のものにしていないからなんですね。

売れる仕組みって誰が作るの?もちろんあなたです!

売れる仕組みを作る。
これは「会社の何を?」
「どんなお客さんに?」
「どのようにして売るのか?」を考えることです。

つまりホームページの話ではないんですね。
あなたの仕事そのものに直結した事なんです。

これが具体的に細かく見えていない会社やお店はリアルの仕事でさえもうまくいきません。
仕事の設計図にあたるこの部分は社長であるあなたが本気になって真剣に考えなければなりません。

自分の商品を決めるのはあなたであり、あなたが理想とするお客さんはあなたが決めなければなりません。そしてそのお客さんにどんなやり方で紹介するのか、提案するのか、選んでもらうのか、買ってもらうのか。

全てあなたが考えなければなりません。
ホームページ制作業者任せにする部分ではないのです。ホームページ制作業者の作業は指示されたことをするだけなんです。

もう一度言います。
「どのようなお客さんを集めて」「どんな営業をして」「何を売るのか」はあなたの仕事です。

本当に売上げの上がるホームページを作りたいと考えているのなら、重要な事はあなたが制作業者と「役割分担」をしなければいけないんです。

もうおわかりですね。
制作業者はあなたが考えている仕組みを効果的に見せる力はありますが、その仕組みを考えるのはあなただということです。

あなたというカーナビが本気で動かなければどんなに優れた性能の車でも、目的地にたどり着けないんです。
ホームページを運営するのは誰ですか?本気で売上げを上げたいのは誰ですか?