長崎県長崎市のホームページ制作webコンサルティングなら口コミNo1株式会社ハブ|長崎市内の企業様に限定したホームページ制作会社です。

株式会社浜松建設 風の森まなびの様のホームページ作成

株式会社浜松建設風の森まなびの様
お客様名 株式会社浜松建設風の森まなびの様
所在地 西彼杵郡長与町まなび野2丁目1-4
業  種 カフェ・生活雑貨
作成内容 ホームページ作成
作成時期 2016年6月
http://manabino.jp/

 

長崎県西彼杵群長与町の 風の森 まなびの 様のホームページ作成のお手伝いをさせて頂きました。
長崎市内から車で20分ほどで2011年5月からリニューアルスタートした「風の森 まなびの」には7つの店舗があります。カフェ・雑貨・ ブティック・エステ・ベーカリー・アンティーク家具。無農薬コットンを使った衣類にこだわりの手作り酵母パン。手織りの絨毯に職人の手業が活きる家具。ホームページをどんどん更新していって下さいね。

株式会社浜松建設 風の森様のホームページ作成

株式会社浜松建設風の森様
お客様名 株式会社浜松建設風の森 様
所在地 諫早市森山町唐比北341-1
業  種 カフェ・アトリエ
作成内容 ホームページ作成
作成時期 2016年6月
http://kazenomori-nagasaki.jp/

 

長崎県諫早市の 風の森 様のホームページ作成のお手伝いをさせて頂きました。
2002年にOPENした「風の森」は豊かな自然に囲まれた散歩の楽しい空間です。カフェや雑貨のお店があり、春と夏には手作りのマーケットが行なわれ、癒しを求める人々で賑わいます。ホームページにはそんな「風の森」の日々の情景が写真と共に綴られています。イベントや新商品、マーケットの情報も都度更新されています。是非ご確認下さい。

株式会社浜松建設 風びより様のホームページ作成

株式会社浜松建設風びより様
お客様名 株式会社浜松建設風びより 様
所在地 南島原市深江町丁4621-1
業  種 カフェ・生活雑貨
作成内容 ホームページ作成
作成時期 2016年5月
http://kazebiyori.com/

 

長崎県南島原市の 風びより 様のホームページ作成のお手伝いをさせて頂きました。
2008年6月にオープンした「風びより」は長崎県の島原半島に位置する緑いっぱいの癒し空間です。雑貨、エステサロン、写真館もあり、カフェでは無添加の食材を使ったランチも楽しめます。ピアノ教室に占い、こどもの木工教室等、多彩なイベントはお知らせでご確認頂けます。オーナー様のご希望でホームページはシンプルでナチュラルな色合いに致しました。「風びより」の素朴で自然な雰囲気によく合って溶け込んでいます。

社長!ホームページで何をしたいんですか?

ホームページを使って売上げを上げたい
と考えている社長によくお会いしますが、

具体的に「ホームページで何をしたいのですか?」
と聞くと明確な答えが返ってくる社長が少ないものです。

売れるホームページを考えている会社は
みなさん共通点があります。

それは何かというと作成の前の段階で明確なゴールを決めて、
それを「絶対に実現するんだ」という情熱を持って
制作打ち合わせに向き合ってます。

そんな社長や会社のスタッフを前にして
私たちも全力で取り組むことになるんですね。

こうしたお互いの気持ちがガッチリと組まないと
なかなかゴールに向かって行けないものです。

「ホームページで何をしたいんですか?」

この質問にハッキリと強い意志で答えられるように
なってからホームページを作成してください。

地元で、信用できる会社になるつもりなら社長が覚悟を決めなさい。

ホームページ運営を担当者にまかせて、
自分の顔写真も載せないで注文の電話を待っている社長って多いですね。
あなたもそうですか?

照れくさい?
恥ずかしい?

本気でそんなこと考えているのならさっさと仕事やめた方がいいですね。
私がお客さんなら、そんな会社の商品やサービス信用できません。お付き合いしたくないですね。

社長が顔を出さなくても売れるのはブランド商品だけです。
一流会社だけですよ。

あなたの会社は、名前を言えば誰もが知っている一流会社ですか?
シャネルですか?TOYOTAですか?

いい加減に目を覚ましましょうよ。
あなたの会社の名前なんか誰も知りませんし、あなたの会社の商品を誰も求めてなんかいません。
中小企業や個人事業主の会社の社長がやらなければならない事は、

「信用」と「信頼」を築くことです。
  

あなたは顔も知らない人を信用しますか?
信頼なんてできるわけないですよね。

顔を見せることができない会社はきっと顔を覚えられるとマズイ仕事をしていると思われます。
無差別にテレアポで営業してくる会社にコレ多いですね。

地元できちんと誠実な仕事をしているなら全然特別なことじゃないんです。
「道の駅」に行くと生産者の顔ちゃんと見れますよね。
だから信用される。安心して買ってもらえます。

それは商品に対する「自信」でもあり「責任保証」でもあります。
ホームページを使って売上げを上げると言うことは、
「信用」と「信頼」を上げると言うことです。

信用と信頼がきちんと伝わるホームページになっていれば、
その人に会いたくなります。
その会社の言葉が耳に聞こえてきます。

ホームページで売上を上げたければ直ちに担当者まかせはやめなさい。
社長であるあなたが自分の言葉で語ることが何よりも
「信用」「信頼」を築く事ができるし、
見ているお客さんに伝わります。

担当者まかせにしているホームページの更新は
担当者の仕事以外の仕事です。
つまり、ほとんどの担当者は「余計な仕事だ」としか思っていません。
そんなホームページ運営で売れるホームページなんて育つ訳がありません。

社長、あなたは本当に「覚悟」が決まってますか?
社長、あなたが本気にならなきゃ
売れるホームページなんてできる訳ないですよ。

ホームページ制作業者はキチンと整備された「車」を作っただけです。
あなたが運転しなきゃ、目的地にたどり着くことはできません。

もう一度聞きます。
社長、あなたは本当に「覚悟」が決まってますか?
  

「一生、この仕事をこの場所でやるんだ」と。

会社には必ずキャッチコピーを付けなさい。

あなたの会社名にはキャッチコピーが付いていますか?
え?ない?

意外と多いんです。そんな会社。
キャッチコピーというとキャンペーンとかイベントとか
にだけ使うものだと思い込んでいたりするんですよね。

このキャッチコピーの良し悪しで物が売れたり、売れなかったり、
なんて話良く聞くと思いますが商品販売だけの話ではありません。

あなたは自分の会社の名前に惚れ込んでいて、
もしかしたら自分の会社の名前を広めることがブランド確立だ。
なんて思っていませんか?

残念ながら、それ間違いです。
そんなこと考えているうちは誰もあなたの会社のこと見向きもしません。

大切な事は、
あなたの会社が何を行っていて、
何について強みがあり、どういったことを解決できるのか

これをキチンと打ち出すことが出来ていないと誰にも覚えてもらえません。

全てのお客様があなたの会社のことを
会社名で検索する訳じゃないことに気付くべきです。

つまり、あなたの会社名なんてどうでもいいということです。

結論を言いましょうか。

ホームページに会社名だけを出しているサイトは
見つけてもらいにくいということです。

ホームページから集客出来ている会社のホームページには
必ずこのキャッチコピーが付いています。

このキャッチコピーがサイト名になってもいいくらいです。

ホームページの上の部分をヘッダーと呼びますが、
このヘッダー部分にキャッチコピーを会社名に付けるだけで
検索エンジンの順位が変わります。

もちろん、効果がなければ納得いくまで何回でも変更していいんです。

コツは、検索キーワードを2つ入れて作ることです。

これ、あなたの同業者には教えたくないですね。

SEO業者を頼る前にまずやることがある

リアル店舗の場合、
新しくオープンすると、ほぼ全員がやることがあります。

それはお金をかけて宣伝チラシを作ったり、
バイトを雇ってポスティングしたり、

つまりオープンした事を費用をかけて告知しますよね。
誰に教えてもらうわけでもなくこれ皆さんやってます。

ところが、
これが新規ホームページのオープンとなると・・・

サイト公開したあと何をすればいいのかわからない
という人が実に多いものです。

何をやったらホームページからお客さんが来てくれるかなあ~
とわからなくなる。

実は本当はホームページも同じなんですね。

リアル店舗よりホームページの方が
お客さんは「オープン」したことに気が付いてくれません。

すると、
そんな風に悩んでいるところへ絶妙なタイミングで
SEO業者なる者の電話がかかってきて、
言葉巧みに検索上位表示での集客を勧めてきます。

インターネットでの営業方法がわからないあなたは
SEO業者の言うままに契約・・・

なんて経験ありませんか?

実はこれ要注意です。
SEO対策そのものは、とても重要で間違っているわけではありませんが、

最初にお金を使うところを間違っています。

はっきり言いましょう。
SEO業者に支払うお金があるのなら、
PPC広告つまりインターネット広告をやるべきです。

どんなキーワードでもあなたのホームページを
今日からでも確実に上位表示できます。

そして最も大切なのは本当に効果のある
本物のキーワードを探すことができることです。

SEO業者が提案するキーワードははたして本物でしょうか?

悪質なSEO業者の場合、
成果報酬という契約だけ行い、全く何もしないで、
たまたま検索上位に上がってきたら請求する・・・
なんて例もあるくらいです。

もちろん全てのSEO業者とは言いませんが。
慎重にならないといけませんね。

ホームページだってリアル店舗と何も変わりません。
やはり費用をかけて広告しなきゃ。

つまりPPC広告です。
そして、このPPC広告を使い本物のキーワードを見つけるんです。

「本物のキーワード」これが一番重要です。

そしてそのキーワードを使ってSEO対策するんです。
この順番を間違えるとなかなか集客できないですね。

他社の売れてるデザインをマネても売れない理由

他社のホームページを見て売れてるデザインを
真似したらはたして売れるのでしょうか?

答えは残念ながらノーです。

売れているデザインを真似すれば
売れそうな気がするのになぜ売れないのか。

それは外見だけを真似してもそのデザインの意味を
理解していなければ正しく更新ができないからなんですね。

つまり、
大切なのはそのデザインを作り上げた考え方を
学ぶ(真似る)ことです。

良いものはどんどん真似していくことは重要なことです。

但し、意味もなく真似しても結果は違います。
重要な事はこの「考え方を学ぶ=真似る」ということ。

なぜ?こんなデザインになっているんだろうか?
なぜ、こんなコンテンツをここに配置しているんだろうか?
なぜ、こんな見せ方をしているんだろうか?
キャッチコピーだって、誰に向かって言っているんだろうか?

などと常に「なぜ?」と考えることができればおのずと
売れるデザインがどんなものなのか理解できるはずです。

つまり他社の売れてるデザインを真似しても売れない理由は、

「売れる考え方」を自分のものにしていないからなんですね。

売れる仕組みって誰が作るの?もちろんあなたです!

売れる仕組みを作る。
これは「会社の何を?」
「どんなお客さんに?」
「どのようにして売るのか?」を考えることです。

つまりホームページの話ではないんですね。
あなたの仕事そのものに直結した事なんです。

これが具体的に細かく見えていない会社やお店はリアルの仕事でさえもうまくいきません。
仕事の設計図にあたるこの部分は社長であるあなたが本気になって真剣に考えなければなりません。

自分の商品を決めるのはあなたであり、あなたが理想とするお客さんはあなたが決めなければなりません。そしてそのお客さんにどんなやり方で紹介するのか、提案するのか、選んでもらうのか、買ってもらうのか。

全てあなたが考えなければなりません。
ホームページ制作業者任せにする部分ではないのです。ホームページ制作業者の作業は指示されたことをするだけなんです。

もう一度言います。
「どのようなお客さんを集めて」「どんな営業をして」「何を売るのか」はあなたの仕事です。

本当に売上げの上がるホームページを作りたいと考えているのなら、重要な事はあなたが制作業者と「役割分担」をしなければいけないんです。

もうおわかりですね。
制作業者はあなたが考えている仕組みを効果的に見せる力はありますが、その仕組みを考えるのはあなただということです。

あなたというカーナビが本気で動かなければどんなに優れた性能の車でも、目的地にたどり着けないんです。
ホームページを運営するのは誰ですか?本気で売上げを上げたいのは誰ですか?

他社は売れているのにうちは売れないのはなぜ?

ホームページを作れば売り上げが上がると思って
有名な広告代理店に相談した結果、

数十万円もかけてキレイなホームページを作ったのに、
いくら待ってもホームページからの売上げが上がってこない。

そんな会社って実はめちゃめちゃ多いんです。
いったい何が悪いんでしょうか?ここでよく考えてみてください。

そもそもあなたはホームページを使って何をしたかったんですか?

大企業のようなイメージ広告を主とした
かっこいいホームページを作りたかったんですか?

それとも本気で販売を目的としたホームページですか?

販売を目的としたホームページであれば、
同じ目的を持ったホームページ制作業者に依頼していますか?

販売を考えて戦略的にホームページを作る
ということはそういうことです。

似たようなホームページであるにもかかわらず
自社のホームページからなぜ売上げが上がらないのか。

それは単純に業者の選別を間違ってることが原因かもしれません。
通常デザイナーとはキレイなホームぺージを作ることに命を燃やします。

また売上げを考えないでいいような官公庁サイト制作を
専門にやってるところの制作会社では
物を売るという意識が欠落しています。

あなたのホームページの目的に合わせて
ホームページ制作業者を選ぶことが大切です。

なぜうちのホームページは売れないのか、

それは制作業者がもともと
「売れるホームページ」を作ろうとしてない場合が多いものです。