【3つのストーリーで成果を上げる】

【3つのストーリーで成果を上げる】

こんにちは!制作のKurumiです。
前回に引き続きストーリーについてのお話です!

コンテンツSEOの重要な3つのキーワードは
「一般論」「各論」「比較列挙」

「一般論」…常識のことです
「各論」…全体をいくつかの項目・部門に分け、その一つ一つについての意見
「比較列挙」…目立ったメリットデメリットがなく平均以上に魅力があることをアピール

これらの組み合わせでストーリーが出来ます。
自分の仕事で取り扱っている商品説明の文章は大丈夫ですか?

これらを頭に入れ新しくストーリー構成をしてみてください^^

【ストーリーを考えたライティング構成】

【ストーリーを考えたライティング構成】

こんにちは!制作のKurumiです。
今日は天気もよく秋って感じですよね!

ストーリーを考えたライティング構成って大切なんです!

文章を書いて相手に何かを伝える時、何から書いたらいいか分からないって事ないですか?
文章は様々なパターンがあるので、正解が一つではありませんね。

お客様に文章を読んでもらうためには、文章にストーリーを盛り込むことが大切です。

ターゲットにしているお客様に、商品の良さ、サービスに至ることを、自分の言葉で語り掛ける様に書き、文章(ストーリー)を作っていくといいでしょう。そうすると、きっと同じ境遇だったり、それ私と似ている、と思う方が現れるはずですよ。^^

【クリックしてもらいやすいバナーとは3】

【クリックしてもらいやすいバナーとは3】

こんにちは!制作の園田です。

クリックしたくなるバナー作成の3つのコツ。
今回は最後の3つ目です。
一番大切なポイントですのでしっかり押さえておきましょう!

3.ユーザーのメリットをはっきりさせる
いくら良いコールでユーザーを惹きつけて分かりやすいボタンを設置した所で、メリットが無ければクリックしませんよね。
「半額クーポン配布中」「お試しセット今だけ0円」「送料無料キャンペーン」等。
クリック後にどんな良いことがあるのかをユーザーに簡潔に伝えます。
また、バナー内で最も主張すべきキーワードですので一番目立つ場所に配置しましょう。

クリックしたくなるバナー作成はあなたがどれだけ見る人の視点に立てるかに掛かっています。
まずは、どんなバナーだったら自分はクリックしたくなるかな?と考えるところから始めましょう。
この記事があなたの魅力的なバナー作りのお役に少しでも立てますように。

【クリックしてもらいやすいバナーとは2】

【クリックしてもらいやすいバナーとは2】

こんにちは!制作の園田です。

クリックしたくなるバナー作成の3つのコツ。
今回は2つ目です。

2.わかりやすくクリックする場所を作ってあげる
デザインなら、ボタン風の箇所を作ってあげましょう。
テキストなら「今すぐクーポンを見る」「お得に買える秘密はこちらから」というような表現で誘導してあげます。
とにかく『ここを押せばいいんだな』とユーザーにハッキリと分かることが大事です。
コントラストの効いた色を使ったり、枠線で囲ってあげるのも良いですね!

次回最後の3つ目をご説明致します。
実はこの3つ目、これこそが一番大切なポイントとなります。お楽しみに。

【クリックしてもらいやすいバナーとは】

【クリックしてもらいやすいバナーとは】

こんにちは!制作の園田です。

画像リンクの代表格、バナー広告。
バナー広告の一番の目的はクリックしてもらうことです。
限られた領域の中で文字と画像によって情報を伝え『クリックしたい』と思ってもらわねばなりません。
クリックしたくなるバナーってどんなバナーなんでしょう?

■良いバナーは分かりやすい
文字が読みにくかったり何が言いたいのか分からないバナー。
『クリックしたい』と思えませんよね。
これから、クリックしたくなるバナー作成のコツを3つ挙げていきます。
今回は1つ目です。

1.ターゲットコールを目立たせる
まずはユーザーの方に興味を持ってもらわなくては始まりません。
不特定多数に向けてではなく、伝える相手をユーザー1人に絞って呼びかけたほうが断然興味を持ってもらいやすくなります。
「抜け毛でお悩みのあなたに」「血圧が130越えたらはじめどき」「求む!WEBデザイナー」等。
ユーザーに『私のためのバナーだ!』と思わせましょう。

次回、2つ目をご説明します。お楽しみに。

ショッピングサイトってどうやって作るの?

こんにちは!制作の園田です。
本日はショッピングサイトの作り方を大きく3つに分けて紹介します。

1.モールやオークションを利用する
有名なところでは楽天やYahooのショッピングモールやオークションがありますね。
利点は…
何といっても集客のしやすさです。
入り口がモールという大型量販店であるため足を運ぶユーザーには事欠きません。
またモール内で流通しているポイントを求めるリピーターも沢山います。
欠点は…
商品を買ってくれたとしてもお客様の意識は
「あなたのショップから買った」ではなく「モールから買った」となってしまいがちなところです。
またお店の個性が薄い分、最終的にはモール内の競合店との価格競争となります。

2.ECサイト作成サービスを利用する
ECサイト作成サービスを利用すれば簡単にショッピングサイトを作成することが出来ます。
この作成サービス、無料のものと有料のものがあります。

無料型の方は…
あらかじめ決められたデザインテンプレートや限られたショップの機能しか使えません。
ですがノーコストでしかも簡単な操作でお店が持てるのは大きな魅力。
趣味レベルでお店を持ちたい人にはお勧めです。
有料型の方は…
月々のサーバー費用がかかる分、選べるデザインや顧客管理機能など、無料型より充実しています。
まずは低価格なプランから始めてお店が軌道に乗ってきてから上位プランに変更しても良いのではないでしょうか。
料金や機能を比べて、自社に最適だと思うサービスを選択しましょう。

3.通販サイトを自社で作成する
サーバーを用意し、通販サイト用のシステムを構築します。
システムやサーバーの保守・管理、セキュリティ・SEO対策等全てを自分でしなければならず、高度な知識と技術が必要となりますので専門のWEB会社で作成されることをおすすめします。

どの程度の規模で何を売るのか?
自社の目的に合わせたショッピングサイト作りをしましょう!

前回の続き!バズるを活用する

みなさんこんにちは!制作の久留見です。
前回「バズるの意味」についてお話しました。今日はちょっお話したいと思います。

【バズるを活用しよう】・・・バズるはソーシャルメディアで力を発揮します。

1.バズられた時のアクセスアップがすごい!・・・バズられたら通常の2倍ほどのアクセスに繋がる

【バズるを自分で工夫して作り出そう】

バズられるといった状況を意図的に作り出せたらすごい効果があることが分かりますよね。
口コミを意図的に作るのは簡単なことじゃないですが、その確率を上げる事は可能です。

時代のはやりやユーザーの悩みなどを意識してマッチしたページを作る、公開することによってバズられる可能性を上げる事が出来るのです!

是非、時代のはやりや時期のはやりに目を向けてみて考えてみてはいかがでしょうか。
何かひらめくかもしれませんね。

久留見のちょっとしたお話でした!^^

 

よく聞くけど分からない!バズるってなんだ?

こんにちは!制作の久留見です。

今回のテーマは「バズる」について、お話しようと思います。
「バルス」は知ってるけど「バズる」は知らないよ分からないよっていう方がいるかもしれません。
「バルス」は天空の城ラピュタで使われている台詞ですね!閉じよっていう意味する滅びの呪文です。^^

本題の「バズる」というのは・・・バズるの由来が「Buzz」というマーケティング用語なのです!

Buzz・・・「ハチが周りに文分飛び回る音」・「一か所に集まり噂をすること」といった意味があります。

これらの事から、話題になっていること・口コミで広まっていることの意味で使われています。
マーケティング用語なのに、マーケティングと関係なくTwitterなどでよく使われているみたいです。

久留見のちょっとした、「バズるの由来についての講座」でした!

こんにちは!制作の久留見です。

こんにちは!制作の久留見です。

今回のテーマは「バズる」について、お話しようと思います。
「バルス」は知ってるけど「バズる」は知らないよ分からないよっていう方がいるかもしれません。
「バルス」は天空の城ラピュタで使われている台詞ですね!閉じよっていう意味する滅びの呪文です。^^

本題の「バズる」というのは・・・バズるの由来が「Buzz」というマーケティング用語なのです!

Buzz・・・「ハチが周りに文分飛び回る音」・「一か所に集まり噂をすること」といった意味があります。

これらの事から、話題になっていること・口コミで広まっていることの意味で使われています。
マーケティング用語なのに、マーケティングと関係なくTwitterなどでよく使われているみたいです。

久留見のちょっとした、「バズるの由来についての講座」でした!

【ハッキングってどうやるの?】

【ハッキングってどうやるの?】

こんにちは!制作の園田です。

前回ハッカーについてご説明しましたが、ではハッキングってどうやるのでしょう?

1.侵入前に調査する
まずは侵入できそうなサイトを探します。
クラッカーはセキュリティ面で問題のあるサイトを巡回プログラムで自動検出することもできます。
そして侵入の入口となる「ポート」を探し当てます。

2.侵入を実行する
「ポート」を探し当てたら、次はいよいよ侵入です。
侵入方法は様々ありますが、最も利用されているのは「ブルートフォースアタック」と呼ばれる方法だとか。
侵入に必要となるターゲットのID・パスワードを探り当てて不正にログインします。
何かカッコイイ名称ですが、単純によく使われがちなパスワードを順々に片っ端から試していく方法です。
ターゲットの名前・生年月日・好きなもの等のキーワードを絡めつつ大量に試していきます。
自動でやってくれるツールもあるそう。
そんなツールを使われたら時間は掛かっても、いつかは絶対当たってしまいますよね。

3.サイトの脆弱性を攻撃する
脆弱性というのは設計ミスなどで生じた「弱点」のことです。
この弱点を突かれて、マルウェア(悪意のあるプログラム)を仕込まれます。
この脆弱性、サイトではなくブラウザやOS自体に見つかることもありますので完全に無くすことは大変難しく、ほぼ不可能といえます。
一度侵入されてしまうと後で脆弱性を修正してももう手遅れ。
内側から好き勝手に改ざんされてしまいます。

私たちがハッキングから身を守るためにできることは?
まずはパスワードを侵入されないようなものに設定しましょう!
具体的には「文字数を少なくしない」「辞書に載っている言葉にしない」事。
現時点ではこれらのことが確実です。
パソコンだけでなく、スマホやタブレットもセキュリティ対策は万全にしておきましょう!

095-800-3929【お問い合わせ】