長崎県長崎市のホームページ制作webコンサルティングなら口コミNo1株式会社ハブ|長崎市内の企業様に限定したホームページ制作会社です。

前回の続き!バズるを活用する

みなさんこんにちは!制作の久留見です。
前回「バズるの意味」についてお話しました。今日はちょっお話したいと思います。

【バズるを活用しよう】・・・バズるはソーシャルメディアで力を発揮します。

1.バズられた時のアクセスアップがすごい!・・・バズられたら通常の2倍ほどのアクセスに繋がる

【バズるを自分で工夫して作り出そう】

バズられるといった状況を意図的に作り出せたらすごい効果があることが分かりますよね。
口コミを意図的に作るのは簡単なことじゃないですが、その確率を上げる事は可能です。

時代のはやりやユーザーの悩みなどを意識してマッチしたページを作る、公開することによってバズられる可能性を上げる事が出来るのです!

是非、時代のはやりや時期のはやりに目を向けてみて考えてみてはいかがでしょうか。
何かひらめくかもしれませんね。

久留見のちょっとしたお話でした!^^

 

よく聞くけど分からない!バズるってなんだ?

こんにちは!制作の久留見です。

今回のテーマは「バズる」について、お話しようと思います。
「バルス」は知ってるけど「バズる」は知らないよ分からないよっていう方がいるかもしれません。
「バルス」は天空の城ラピュタで使われている台詞ですね!閉じよっていう意味する滅びの呪文です。^^

本題の「バズる」というのは・・・バズるの由来が「Buzz」というマーケティング用語なのです!

Buzz・・・「ハチが周りに文分飛び回る音」・「一か所に集まり噂をすること」といった意味があります。

これらの事から、話題になっていること・口コミで広まっていることの意味で使われています。
マーケティング用語なのに、マーケティングと関係なくTwitterなどでよく使われているみたいです。

久留見のちょっとした、「バズるの由来についての講座」でした!

こんにちは!制作の久留見です。

こんにちは!制作の久留見です。

今回のテーマは「バズる」について、お話しようと思います。
「バルス」は知ってるけど「バズる」は知らないよ分からないよっていう方がいるかもしれません。
「バルス」は天空の城ラピュタで使われている台詞ですね!閉じよっていう意味する滅びの呪文です。^^

本題の「バズる」というのは・・・バズるの由来が「Buzz」というマーケティング用語なのです!

Buzz・・・「ハチが周りに文分飛び回る音」・「一か所に集まり噂をすること」といった意味があります。

これらの事から、話題になっていること・口コミで広まっていることの意味で使われています。
マーケティング用語なのに、マーケティングと関係なくTwitterなどでよく使われているみたいです。

久留見のちょっとした、「バズるの由来についての講座」でした!

【ハッキングってどうやるの?】

【ハッキングってどうやるの?】

こんにちは!制作の園田です。

前回ハッカーについてご説明しましたが、ではハッキングってどうやるのでしょう?

1.侵入前に調査する
まずは侵入できそうなサイトを探します。
クラッカーはセキュリティ面で問題のあるサイトを巡回プログラムで自動検出することもできます。
そして侵入の入口となる「ポート」を探し当てます。

2.侵入を実行する
「ポート」を探し当てたら、次はいよいよ侵入です。
侵入方法は様々ありますが、最も利用されているのは「ブルートフォースアタック」と呼ばれる方法だとか。
侵入に必要となるターゲットのID・パスワードを探り当てて不正にログインします。
何かカッコイイ名称ですが、単純によく使われがちなパスワードを順々に片っ端から試していく方法です。
ターゲットの名前・生年月日・好きなもの等のキーワードを絡めつつ大量に試していきます。
自動でやってくれるツールもあるそう。
そんなツールを使われたら時間は掛かっても、いつかは絶対当たってしまいますよね。

3.サイトの脆弱性を攻撃する
脆弱性というのは設計ミスなどで生じた「弱点」のことです。
この弱点を突かれて、マルウェア(悪意のあるプログラム)を仕込まれます。
この脆弱性、サイトではなくブラウザやOS自体に見つかることもありますので完全に無くすことは大変難しく、ほぼ不可能といえます。
一度侵入されてしまうと後で脆弱性を修正してももう手遅れ。
内側から好き勝手に改ざんされてしまいます。

私たちがハッキングから身を守るためにできることは?
まずはパスワードを侵入されないようなものに設定しましょう!
具体的には「文字数を少なくしない」「辞書に載っている言葉にしない」事。
現時点ではこれらのことが確実です。
パソコンだけでなく、スマホやタブレットもセキュリティ対策は万全にしておきましょう!

【30秒で理解できる!エンコードとデコード】

【30秒で理解できる!エンコードとデコード】

みなさんこんにちは!制作の久留見です。
IT用語はたくさん覚えることがありますが、覚えていくと自分が賢くなったと思いますよね!
実際、賢くなり身についているので日々学びましょう^^

今日のテーマはこれ→「エンコードとデコード」です!

エンコード・・・データを他の形式に変換すること
デコード・・・暗号化や圧縮されたファイルを元に戻すこと

文字で書いても「?」だと思うので例えます!!

※英語を日本語にしますよね。
Hello→エンコード→こんにちは

この反対がデコードです!(元の形の言葉に戻す)
Hello←デコード←こんにちは

ちょっとは分かって頂けましたか?エンコードとデコードはセットで覚えて下さい^^
久留見のちょっとした「エンコード・デコードの区別講座」でした!

【ハッカーって悪い人?】

【ハッカーって悪い人?】

こんにちは!制作の園田です。

皆さんはハッカーと聞いてどう思いますか?
メディアから聞こえてくるのはシステムに侵入して個人情報を盗んだ等の犯罪行為ばかり。
おそらくあまり良いイメージを持たない人が多いのではないでしょうか?

■ハッカー=コンピューターやシステムに精通している人
コンピューターやシステムに精通している人の総称がハッカーです。
システムが正常に作動しているかテストしたり、悪意のあるハッカーの監視や侵入防止したりするのがお仕事です。
政府や一部企業でもサイバー攻撃の防止のために雇われています。
そもそも悪い人達という意味はないのです。

■クラッカー=悪意のあるハッカー
悪意のあるハッカーにはクラッカーという別称があります。
このクラッカー、他人のコンピューターへ侵入してデータを破壊したり個人情報を盗んだり、いわゆる犯罪行為をします。

■クラッカーに狙われやすいサイトって?
クラッカーは金銭奪取等の私利私欲を目的にハッキングを行ないます。
狙われやすいサイトは会員制サイトやECサイト(オンラインショッピングサイト)です。
これらのサイトは一度に大量の個人情報を入手する事が出来るからです。

大手企業よりもセキュリティーの甘くなりがちな中小企業の方が被害が多いのだそう。
「うちは狙われない」などど油断せずに、しっかりとしたセキュリティ対策を行いましょう!

【検討している方必見!タブレットのメリット・デメリット】

【検討している方必見!タブレットのメリット・デメリット】

こんにちわ!制作の久留見です。

タブレットを欲しいな、買おうかな、とお考えの方にしっかりチェックして欲しい内容です!
今日のテーマはこれ「タブレットのメリット・デメリット」について。

最近では、ビジネスや教育現場において使われているのをよく目にしませんか?
お会計をする時、レジではなくタブレットだったり、ケータイショップでも管理がタブレットだったりと、様々な用途で使われていますね!

【メリット】
1.何と言っても、軽くて薄いのでバックの中に入れて簡単に持ち運びができる点
2.数日間充電しなくても使用できるタブレット端末もある
3.タッチパネルで直感的に操作できる点

【デメリット】
1.まとまったテキスト入力には向かい点
2.高度なドキュメントの修正ができなかったり、一部のウェブサイトの閲覧に支障があったりし、機能性面でパソコンには及ばない点
3.USBポートがない点

メリット・デメリットを上げたらきりがないのですが、自分が使う用途をしっかりともち価格や性能で購入されてはいかがでしょうか?
余談ですが、私もタブレットを持っています。動画などを見る時や家にパソコンがない方にはオススメしたいですね^^

制作久留見の、ちょっとした「タブレットのメリット・デメリット」でした!
次回もお楽しみにしていてくださいね^^

【勘違いが多い? 「モバイルファースト」の本当の意味】

【勘違いが多い? 「モバイルファースト」の本当の意味】

こんにちわ!制作の久留見です。
今日のテーマこちらです▶「モバイルファーストの本当の意味」です。

モバイルファースト・・・PCよりもモバイルサイトから先に開発する手法のこと!

近年、スマートフォンの急速な普及で若い人から年配の人までスマートフォンを利用している人が増えています。
多くのサイトでPCよりもスマートフォンからのアクセスが増えているので圧倒的に多くなってきています。

これまでは、PCサイトをベースに作られていましたが、PCサイトをモバイルに対応させるというのが普通でした。しかし、PCサイトにはすべてを入れ込みすぎてモバイルサイトが重たなり、なかなか繋がりにくくなったのが問題となり、その改善の為にモバイルサイトから先に開発するという手法が生み出されました!

あなたのサイトはどうですか?一度見直してはどうでしょうか?

長崎市内の企業様限定で、私達はホームページの無料サイト診断を行っております。

詳しくはこちらのURLをクリック→ https://web-habu.com/free_diagnose/

【画像とテキスト リンクの効果に違いはあるの?】

【画像とテキスト リンクの効果に違いはあるの?】

こんにちは!制作の園田です。

どこかにリンクを張る場合、画像にリンクを張るのとテキストにリンクを張るのとでは効果は違うのでしょうか?
画像リンクとテキストリンク、どちらがアクセスして貰いやすいと思いますか?

結論からいうと…
クリック率が高いのはテキストリンクです!
テキスト広告の方がバナー広告より数倍効果があります。

1. SEO対策的には?
SEO対策といえばGoogle。
Googleからはテキストリンクの方がSEOとして有効との回答が出ています。
大変優秀なGoogleのクローラーですが、画像そのものの意味を把握することに関してはまだまだなのです。ページ内のテキストやalt属性を読むことで画像内容の把握をしています。

例えば…
①画像リンク
②alt属性(画像の代替となるテキスト情報)有りの画像リンク
③テキストリンク
の3つがあったとすると、
SEO的に一番効果が高いのは③のテキストリンクです。

高い⇔低い
③>②>①
効果の高さは上記の順になります。
画像にリンクを張った場合はalt属性を必ずつけるようにしましょう。

2. ユーザーの視点的には?
ロボットではなく人間の目で見る場合、画像の方が目を引いてクリックされやすいように思われがちなのですが、意外にもこちらもテキストリンクに軍配が上がります。

バナー広告は目に付きやすくはあるものの如何にも広告という体が前面に出すぎるきらいがあります。そのせいでユーザーに警戒され、クリックされにくくなってしまうのです。
その点テキストリンクは目立ちはしないものの販売色が強くなりすぎません。

とはいえテキストリンクばかりだと華やかさが足りず寂しくなってしまいますね。
あくまでユーザーに警戒されない自然なリンクを念頭に、テキスト広告とバナー広告の両方を上手に使い分けましょう

【被リンクを増やす方法】

【被リンクを増やす方法】

こんにちは!制作の園田です。

「被リンク」とは?…先日のブログで久留見より説明がありましたが「他のサイト・ページから張ってもらったリンク」のことでしたね。ではこの被リンク、増やすためには何をすればよいのでしょう?

被リンクされる=「誰かに紹介したい」とユーザーに思わせる情報があった

という事です。
サイトを訪れるユーザーの抱えているであろう悩みや疑問・質問等、ニーズに合った記事作りをし、都度その答えを分かりやすく解説してゆきましょう!地道な取り組みですが、このような記事をコツコツ増やし続けていく事が結果として被リンク獲得への早道となるのです。