長崎県長崎市のホームページ制作webコンサルティングなら口コミNo1株式会社ハブ|長崎市内の企業様に限定したホームページ制作会社です。

【HTMLの書き方】

【HTMLの書き方】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。
長崎は雨が降っています!

今日のお題は「HTMLの書き方」につていお話しますが、長くなりますので何回かに分けてお話していきます!

まずは「①タグの書き方」です!

タグを書く際は「」で括り「」の中に要素名を入れます!→「」
それをコピーして、「」と並べます。

※ここで大切なのがは半角記号を使ってください!

二つ目の「」に「/」を加え「」としましょう!

「」こちらが開始タグで、「」は終了タグです。
開始タグと終了タグの間に最後に書いてください!

例:見出しを書く時は→hタグを使います

HTMLの書き方

と記入します!英語も半角英数字を使って記入してくださいね^^
少しずつお話していかないと頭の中がパニックになりますからね!!

次回は【要素とは】についてお話しますね!

【私がiPhoneオススメするアプリ紹介】

【私がiPhoneオススメするアプリ紹介】

みなさんこんにちは!制作のKurumiです。

今日はiPhoneで、このアプリは入れとくと便利というものをご紹介します!

1.「年号しらべ」

昭和34年(和暦)って西暦だと何年だったかな?とか分からないことがないですか?
和暦を選択すると西暦が表示され年齢も表示されるので、すぐに問題を解消してくれます!

2.「お年忌早見表」

大切な方が亡くなった命日を入力すると、決まり周忌を教えてくれます!

3.「フォトスキャン by Google フォト」

今現在は、スマホが普及し携帯で簡単に写真が撮れてアルバムに取り込むことが出来ますが、
一昔前の写真を現像して…とう言う時代の写真を簡単にスキャンし画像の切り抜き補正や向きの調整もでき、大きなアルバムを持ち歩かなくてもスマホで何時でも見ることが出来ます!

私がiPhoneを使用してるので、Androidにあるかどうかは分かりませんが(;”∀”)
Androidで調べてみると同じものではないですがありました!

もしよろしければ、みなさんもダウンロードしてみて下さい!^^

【購入するときに悩む!iPhoneとAndroidの違いとは】

【購入するときに悩む!iPhoneとAndroidの違いとは】

みなさん、こんにちは!制作のKurumiです。

今日は携帯を購入するときに「iPhone」にしようか?それとも「Android」にしようか?
違いが分からない方の為に、お話します。

■「iPhone」と「Android」はOSが違います。

「iPhone」…iOS
「Android」…Android OS

「iPhone」のアプリは、iTunesで購入し「iPhone」でしか使用できません。
「Android」のアプリは、GooglePlayで購入し「Android」でしか使用できません。

アプリの環境に関しては、「iPhone」の方が充実しています!
ですが、それぞれの仕様目的が違うので「Android」の方が良くも悪くも自由度が高いです!

・機械やPCに強く、説明書を熟読してカスタマイズをしたい方は Android がオススメです。

・初心者で迷っている方はiPhoneが操作しやすいです。

自分の好みも大切ですので、詳しいことはお店で尋ねてみましょう!

【SNSのいいね!とシェアの使い方】

【SNSのいいね!とシェアの使い方】

こんにちは!制作のKurumiです。
SNSでよく使われている「いいね!」や「シェア」の使い方についてお話しようと思います。

Facebookでよく見る「いいね!」や「シェア」のボタン
みなさんは、どんな感じで使っていますか?

「いいね!」…シンプルに「良い!」「共感した!」という時に押します

「シェア」…リンクや画像付きの情報で、「この情報を自分の知り合いにも広めたい(共有したい)」時に押します
※シェアしたい記事に自分のコメントも付け加えてシェアできます。

まぁ、こんな感じで使っているかと思います。

良い記事を「いいね!」や「シェア」知り合いに共有しましょう!

【3つのストーリーで成果を上げる】

【3つのストーリーで成果を上げる】

こんにちは!制作のKurumiです。
前回に引き続きストーリーについてのお話です!

コンテンツSEOの重要な3つのキーワードは
「一般論」「各論」「比較列挙」

「一般論」…常識のことです
「各論」…全体をいくつかの項目・部門に分け、その一つ一つについての意見
「比較列挙」…目立ったメリットデメリットがなく平均以上に魅力があることをアピール

これらの組み合わせでストーリーが出来ます。
自分の仕事で取り扱っている商品説明の文章は大丈夫ですか?

これらを頭に入れ新しくストーリー構成をしてみてください^^

【ストーリーを考えたライティング構成】

【ストーリーを考えたライティング構成】

こんにちは!制作のKurumiです。
今日は天気もよく秋って感じですよね!

ストーリーを考えたライティング構成って大切なんです!

文章を書いて相手に何かを伝える時、何から書いたらいいか分からないって事ないですか?
文章は様々なパターンがあるので、正解が一つではありませんね。

お客様に文章を読んでもらうためには、文章にストーリーを盛り込むことが大切です。

ターゲットにしているお客様に、商品の良さ、サービスに至ることを、自分の言葉で語り掛ける様に書き、文章(ストーリー)を作っていくといいでしょう。そうすると、きっと同じ境遇だったり、それ私と似ている、と思う方が現れるはずですよ。^^

【クリックしてもらいやすいバナーとは3】

【クリックしてもらいやすいバナーとは3】

こんにちは!制作の園田です。

クリックしたくなるバナー作成の3つのコツ。
今回は最後の3つ目です。
一番大切なポイントですのでしっかり押さえておきましょう!

3.ユーザーのメリットをはっきりさせる
いくら良いコールでユーザーを惹きつけて分かりやすいボタンを設置した所で、メリットが無ければクリックしませんよね。
「半額クーポン配布中」「お試しセット今だけ0円」「送料無料キャンペーン」等。
クリック後にどんな良いことがあるのかをユーザーに簡潔に伝えます。
また、バナー内で最も主張すべきキーワードですので一番目立つ場所に配置しましょう。

クリックしたくなるバナー作成はあなたがどれだけ見る人の視点に立てるかに掛かっています。
まずは、どんなバナーだったら自分はクリックしたくなるかな?と考えるところから始めましょう。
この記事があなたの魅力的なバナー作りのお役に少しでも立てますように。

【クリックしてもらいやすいバナーとは2】

【クリックしてもらいやすいバナーとは2】

こんにちは!制作の園田です。

クリックしたくなるバナー作成の3つのコツ。
今回は2つ目です。

2.わかりやすくクリックする場所を作ってあげる
デザインなら、ボタン風の箇所を作ってあげましょう。
テキストなら「今すぐクーポンを見る」「お得に買える秘密はこちらから」というような表現で誘導してあげます。
とにかく『ここを押せばいいんだな』とユーザーにハッキリと分かることが大事です。
コントラストの効いた色を使ったり、枠線で囲ってあげるのも良いですね!

次回最後の3つ目をご説明致します。
実はこの3つ目、これこそが一番大切なポイントとなります。お楽しみに。

【クリックしてもらいやすいバナーとは】

【クリックしてもらいやすいバナーとは】

こんにちは!制作の園田です。

画像リンクの代表格、バナー広告。
バナー広告の一番の目的はクリックしてもらうことです。
限られた領域の中で文字と画像によって情報を伝え『クリックしたい』と思ってもらわねばなりません。
クリックしたくなるバナーってどんなバナーなんでしょう?

■良いバナーは分かりやすい
文字が読みにくかったり何が言いたいのか分からないバナー。
『クリックしたい』と思えませんよね。
これから、クリックしたくなるバナー作成のコツを3つ挙げていきます。
今回は1つ目です。

1.ターゲットコールを目立たせる
まずはユーザーの方に興味を持ってもらわなくては始まりません。
不特定多数に向けてではなく、伝える相手をユーザー1人に絞って呼びかけたほうが断然興味を持ってもらいやすくなります。
「抜け毛でお悩みのあなたに」「血圧が130越えたらはじめどき」「求む!WEBデザイナー」等。
ユーザーに『私のためのバナーだ!』と思わせましょう。

次回、2つ目をご説明します。お楽しみに。

ショッピングサイトってどうやって作るの?

こんにちは!制作の園田です。
本日はショッピングサイトの作り方を大きく3つに分けて紹介します。

1.モールやオークションを利用する
有名なところでは楽天やYahooのショッピングモールやオークションがありますね。
利点は…
何といっても集客のしやすさです。
入り口がモールという大型量販店であるため足を運ぶユーザーには事欠きません。
またモール内で流通しているポイントを求めるリピーターも沢山います。
欠点は…
商品を買ってくれたとしてもお客様の意識は
「あなたのショップから買った」ではなく「モールから買った」となってしまいがちなところです。
またお店の個性が薄い分、最終的にはモール内の競合店との価格競争となります。

2.ECサイト作成サービスを利用する
ECサイト作成サービスを利用すれば簡単にショッピングサイトを作成することが出来ます。
この作成サービス、無料のものと有料のものがあります。

無料型の方は…
あらかじめ決められたデザインテンプレートや限られたショップの機能しか使えません。
ですがノーコストでしかも簡単な操作でお店が持てるのは大きな魅力。
趣味レベルでお店を持ちたい人にはお勧めです。
有料型の方は…
月々のサーバー費用がかかる分、選べるデザインや顧客管理機能など、無料型より充実しています。
まずは低価格なプランから始めてお店が軌道に乗ってきてから上位プランに変更しても良いのではないでしょうか。
料金や機能を比べて、自社に最適だと思うサービスを選択しましょう。

3.通販サイトを自社で作成する
サーバーを用意し、通販サイト用のシステムを構築します。
システムやサーバーの保守・管理、セキュリティ・SEO対策等全てを自分でしなければならず、高度な知識と技術が必要となりますので専門のWEB会社で作成されることをおすすめします。

どの程度の規模で何を売るのか?
自社の目的に合わせたショッピングサイト作りをしましょう!