【ブラウザはGoogleのChromeを推奨】

【ブラウザはGoogleのChromeを推奨】

2018/03/23

みなさんこんにちは!制作のKurumiです
今日は学校関係は終業式ですね^^もうすぐ春ですね~!

さてさて、みなさんはパソコンの検索エンジンは何を使っていますか?私たちはChromeを使っています。
ですが、日本国内ではまだIEを使っている方が多いようです。
世界で見るとダントツにGoogleのChromeがTOPを占めています。

ChromeとIEの違いは?
【IEの特徴】
■IEは元から全Windowsにプリンインストールされているブラウザ
■IEでしか利用できないサイトもあります

【Chromeの特徴】
■Googleアカウントで他機器と同期可能
■IEを抜いてシェアNO1になった

機能の拡張性やベンチマークスコア(Cの総合的なパフォーマンスの性能を数値化したグラフ)でも、Chromeが上をいっています。

ベンチマークスコアが高いほどウェブページの表示速度が速く、快適にブラウジングできます!!また、IEを利用している方にお話ですが、IEは開発がとまりこれ以上進化することは望めません。
また、ChromeのベンチマークスコアはIEの2倍と言われているのでChromeがたけているChromeを使用することを弊社は推奨しています。

みなさんの使用しているブラウザの見直しが必要なのでは??
では、また(^_-)-☆

【競合ホームページの動向を把握する】

【競合ホームページの動向を把握する】

2018/03/20(火)

みなさんこんにちは、制作のKurumiです!
さくらが少し咲いてきましたが今日は、風が冷たいですね・・・いつになったらポカポカなるのか(*_*;

さて、本題に入りますが
Webマーケティングにおいて、競合の動きを把握することはとても重要です。※競合=ライバル会社のサイトを見る

1.どのようなコンテンツで誘導しているのか
2.ライバル会社が取り組んでいる事
3.ライバル会社との違い

一度でも、ライバル会社のサイトを見てみたら色んな気づきがでてくるはずです。
サイトが、今どきのワイド感のあるスッキリしたサイトになっているなど!
TOPページはホームページの顔に当たります!
離脱させず見てもらえるための印象も大切です。

人で言う、第一印象が大切というのと似ていますね(^_-)-☆

3~5年の間にホームページのデザイン、見せ方は進化します。
デザインに関しては、私たちも常に時代に沿ったホームページを目指しております。
ホームページは3~5年経つとリニューアル時期に来ているというのが分かっています。

ライバル会社のサイトをみて自分のサイトよりもいいと思ったときは、それはリニューアル時期という事です。
あなたのサイトはどうですか?
弊社ではサイトの無料診断も行っておりますので、ご相談くださいませ^^

サイト無料診断の申込み

【ホームページで成果を伸ばす対策とは?】

【ホームページで成果を伸ばす対策とは?】

2018/03/19(月)

みなさんこんにちは、制作のKurumiです!
今日は週明けの月曜日ですね^^天気は雨ですが、1週間気張っていきましょう。

ホームページをお持ちの社長様、オーナー様!どのようにホームページを活用して売上げアップや、見込み客を呼び込んでいますか?
訪れたユーザーが見やすい、使いやすい、分かりやすいホームページになっていることが、ホームページの運営の第一歩です!

ホームページ公開後は、考え、行動し、評価しながら運営していくというサイクルが必要です!

1.ホームページが、いかに表示されているか(広告、SNS、検索エンジンなど)
2.表示された現状から、クリックされるか(訴求力になっているか)
3.ホームページ内を見てもらい、ユーザーがゴールできるか(買いやすい、申込しやすい)
4.どうやって客単価を上げるか

このようなことを考え、今一度自分のサイトを見直してはいかがですか?
自分で見ても、プロじゃないから分からないと言う方もいらっしゃると思います。
弊社ではサイトの無料診断も行っておりますので、ご相談くださいませ^^

サイト無料診断の申込み

【マーケティングでの信頼性と重要性】

【マーケティングでの信頼性と重要性】

みなさんこんにちは!今日は風が冷たく寒い朝でしたね。
春の前の寒の戻りっていうものですね^^体調には十分気を付けてくださいね~(^_-)-☆

Webマーケティングでも普通のビジネスでも、何を売り返しているか、と言う本質を理解する事が大切です。
マーケティングにおいてユーザーが考えるベネフィット=利益は、 「顧客が商品から得られる良い効果」と言えます。

マーケティングの本質は形のないものなので、自分のサイトを見に来てくれたユーザーから信頼されるのが重要です。
それは、サイト内に体験談や、実績データーを置くなど、リアルな声を届ける事で、ユーザーも自分と同じ境遇だ!と想い信頼の気持ちが芽生えるはずです!

ご自身のサイトにそういったコンテンツがありますか?
弊社ではサイトの無料診断も行っておりますので、ご相談くださいませ^^

サイト無料診断の申込み

【関係づくりは検索結果から始まっている】

【関係づくりは検索結果から始まっている】

みなさんこんにちは!昨日と変わって今日の天気はどんよりですね(*_*;

ホームページを公開したといっても、それは単なるスタートでゴールではありません!
売り上げを出すためには、ホームページの運営の質と継続性が大切になります。

ホームページを公開するとすぐに、Googleアナリティクスをアクセス解析ツールを導入しましょう!^^
※弊社で制作された方にはきちんとGoogleアナリティクスの設定を行って納品をしておりますのでご安心ください!

GoogleアナリティクスはGoogleが無料で提供しているものです!SEO対策で重要と言われているウェブマスターツールもすぐに導入し、対策しましょう(^^)/

また、ホームページの更新、メルマガ配信、リスティング広告、Facebookページ、とさまざまなツールがありますが、これらは全てユーザーとの関係作りです。ですが、その先にはユーザーがいる事を忘れない様に取り組んでいきましょう^^

では、また~!
弊社ではサイトの無料診断も行っておりますので、ご相談くださいませ^^

サイト無料診断の申込み

【検索クエリとキーワードの違いを把握しよう!】

【検索クエリとキーワードの違いを把握しよう!】

みなさんこんにちは!今日は暖かく春の格好でも過ごしやすいですね!

今日は、検索クエリとキーワードは同じ?って思っている方にその違いを、お話します^^

■検索クエリ・・・ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って検索窓に入力する、単語・フレーズ・複合語を意味します!
※検索クエリの「クエリ」には、質問を意味する用語という意味があります

検索クエリとキーワードは用語の意味に明確な違いがあります!

検索クエリは上部でお話した内容ですが、

■キーワード・・・問題の解明や内容の理解上で、重要な手掛かりとなる語。また、情報検索で、検索の手掛かりとして使用する語句。

このように、
「検索クエリ」は検索エンジンとの関わりがあってこそ意味があります。
「キーワード」は単にそのものでも意味が成り立つ用語です。

キーワードを見つけるのも大切ですが、その前に検索クエリをみて、ユーザーが何を欲してるのか情報を読み取りましょう!
見る方法は、自分のサイトのGoogleアナリティクスで検索クエリの調査を行えます。

是非取り組みましょう!
ではまた~(^_-)-☆

【顧客目線で徹底的なサービスや商品を考える】

【顧客目線で徹底的なサービスや商品を考える】

みなさんこんにちは!
前回お話しました、Webマーケティング=顧客との関係づくりをしっかりすると、いい結果がついてきます!
サービスや商品を提供するためには、

「誰に何をどう売りたいか」を徹底的に考える必要があります。

■ユーザー目線で徹底的に話し合うことが大切です!
■ 競争相手を徹底的に調べる
※ユーザーがどのようにネットを通して調べるかキーワードの調査をする

今後、会議で話し合う時は売上のことも大切ですが、
お客様のことを考えた商品の提供をするということを行うとおのずと結果がついてくるはずです^^

ではまた~(^_-)-☆

【Webマーケティングの基礎をしっかり固めよう】

【Webマーケティングの基礎をしっかり固めよう】

みなさんこんにちは!今日は朝から雨でテンションが上がりませんが、好きな音楽を聴いて気分を上げましょう~^^

今日は、「3C分析」についてお話します!

1.「市場・顧客: Customer」
2.「競合: Competitor」
3.「自社: Company」

の頭文字をとった、ビジネスを行っていくにあたりよく使われるます。

あなたの会社は3Cを明確にしていますか?
顧客・競争・自社のことを考え、何が欲しいのか、何を提供できるのかを考える必要があります。

・競争(ライバル会社)の情報をまとめる
・自社の強みやサービスをまとめる
・顧客のニーズをまとめる

昔考えたものより、今の考えが新しいはずです!
ぜひ取り組んでください!

でわ~また(^_-)-☆

【第2弾!マーケティングの理論】

【第2弾!マーケティングの理論】

みなさんこんにちは!まだまだ朝は寒い日が続きますね。
昨日お話した、コトラーのマーケティング戦略に引き続き、
今日は、イノベーター理論についてお話です!

専門用語が出てきて、「うわ~~~」ってなっている人もいると思います。私も「うわ~~~」となりました!

さてさて、イノベーター理論は、インターネットなどで先進的な技術が中心となる市場において、よく考慮される理論。

新しいも技術が普及するときには、いくつかの段階があります!※段階=ユーザーの特長

1.イノベーター(Innovators)
革新的な技術や新しいものを好んで利用する人たち。

2.アーリーアダプター(Early Adopters)
流行に敏感で、情報収集などを行い自ら判断して採用する人。業界などでは オピニオンリーダーとも言われます。

3.アーリーマジョリティ(Early Majority)
流行には敏感ですが、比較的慎重にものごとを決めます。

4.レイトマジョリティ(Late Majority)
流行などには懐疑的なものの、ほかとの同調という点で採用します。アーリー、レイトと合わせたマジョリティが市場の7割を占めるとも言われています。

5.ラガード(Laggards)
もっとも保守的で流行や社会にはあまり感心がなく、社会的に必要とならないと採用しない人。

Webマーケティングはどの段階のユーザーを狙うかによって、集客方法を変えなければなりません。
どの段階のユーザーを狙うのか、しっかり把握する必要がありますね^^

■コトラーのマーケティング戦略が業界の、どのポジションを目指すか
■ イノベーター理論は、どういうターゲットを目指すか

知識として、頭の片隅に覚えときましょう^^

【マーケティング戦略とは?】

【マーケティング戦略とは?】

みなさんこんにちは!昨日はバタバタしていてブログが書けずじまいでした。
今日は朝から書こうと思い出勤しました^^

今日のテーマは「マーケティング戦略」という、自分の仕事業界内でどういうポジションを狙って戦略していくか、という発想です!
これは、競争地位戦略とも呼ばれており、経営学者であるフィリップ・コトラーが提唱しました。

1.リーダー
ある市場でトップシェアをとる存在。 資金や規模など必要とされることが多い一方で、トップをとれれば、業界を牽引できる安定的地位を獲得できると言われています。

2.チャレンジャー
トップでないものの上位のシェアを握ります。 一方でリーダーが目指さないような先進的な商品や、自社よりも弱いところを相手にしてシェアを広げ、業界にアピールします。

3.ニッチャー
独自のブランドや技術で、少ないながらも一定のシェアを獲得しようとする戦略です。 得意分野を徹底的に絞り込み、トップやチャレンジャーも容易に参入できないようにすることで、安定した地位を獲得します。

4.フォロワー
チャレンジャーのように先進的な商品のアピールなどはせず、効率化や低価格化などを徹底的に行い、独自性を追求しないながらも、一定の利益を確保する戦略。

このような考え・戦略があります!自分がどこのポジションで経営をしていくかがコトラーの戦略になりますね^^

では、また次回~(^_-)-☆

095-800-3929【お問い合わせ】